急増する塾講師

家庭教師同様に、年々塾講師の需要が高まってきています。
嘗て塾というのは学校教育に足りない部分を補う形で存在していましたが、今では本当に学ぶ場が塾になりつつあり、学校教育の意味について再考の必要があるのです。


塾の存在意義は児童や生徒の成績アップに貢献することですが、家庭教師と大きく異なるところは講師の学歴です。
塾の講師は必ずしも有名大学を卒業している必要はありません。
教員免許は必ずしも応募資格には必要なく、ノウハウは塾側に委ねられます。


複数の児童生徒に教える塾では、成績も集中力も様々です。
家庭教師が一対一なのに対して、一対多数ですので全ての受講生にとって満足な講義内容にする事は不可能です。
最大公約数的なやり方が求められるのは言うまでもありませんが、能力の差がある受講生に対する授業のコツを見いだせれば良いのです。


厚労省によると、塾講師は離職率の最も高い職業であるという調査結果があり、就業時間帯が夕方から深夜であることが大きな理由となっています。
確かに労働条件は良いとは言えませんが、ひとたびコツをつかみ遣り甲斐を見出せば、長く続けたいと思える職業でもあるのです。
授業のコツについてはチェーン展開をしている塾などはノウハウを持っています。
教員経験のない人材でも就業可能なのも、ノウハウに自信を持っているからこそで、今後塾講師として就職を希望するならば、有名塾で授業のコツを学ぶのが近道なのです。


このサイトでは塾講師に求められることや学校教師と異なる部分についてご紹介します。


≪Recommend Site≫
塾講師のバイト募集に特化した専門の求人サイトです ⇒ 塾講師 バイト

Copyright © 2014 塾講師必見!授業のコツ All Rights Reserved.